GUM02_PH01015

最初に簡単なそして最も重要な質問をさせて下さい。

何故あなたは中小企業診断士を目指すのですか?

こんなことはいいから直ぐにでも勉強法を紹介しろや!と怒られそうですが、理由はちゃんとありますので、まずはちょっと考えてみてください。

・・・

いかがでしょうか。

できれば、みなさんの答えを聞きたいところですが、今は無理ですので、僕の方で考えられる回答を列挙してみますね。

だいたい次のような感じでしょうか?

  • キャリアアップのため
  • キャリアチェンジ(経営コンサルタントになりたい)のため
  • なんとなくやる気になった
  • なんとなく危機感がある
  • 転職する際に箔がつくから
  • 管理職になる要件となっているため
  • 経営者としての知識を総合的に身に付けるため

勿論、この他にも答えはあるかもしれませんが、まあいいでしょう。当てることが目的ではありませんので。

さて、このような質問をした理由は簡単です。

中小企業診断士を目指す目的がしっかりしたものでないと、勉強が続かないからです。

俺はやる気に満ち溢れているからそんなの関係ねー!と思う方がおられるかもしれません。

数カ月後、1年後に同じことを言っている自信がありますか?

自分の周りの人を見ていると、やる気に駆られて中小企業診断士の勉強を始めても、仕事が忙しくなればいつの間にかやる気を失ってしまうということがとても多いことが分かります。なんとか1年勉強したけど不合格となり、次の年は諦めてしまうというケースも多くあります。

勉強する内容が結構難しいので、みんな途中で嫌になるんです。

そこで、踏ん張れるかどうかが分かれ道になるんです。

簡単に言ってしまえば、モチベーションの維持です。

いかにモチベーションを維持するか

結論から言いますと、自分の人生における中小企業診断士の位置づけというものが明確であればあるほど、モチベーションが維持できます。

会社の仕事が嫌でネガティブパワー全開で中小企業診断士の取得を目指しても、モチベーションの維持は難しいですよ。転職すれば済む話だからです。

僕の周りでも実際そういう方がいましたね。

では、僕の場合はどうだったかというと、僕は中小企業診断士の勉強にあたって、自分の10年後の姿や5年後の姿、つまり「ありたい姿」をしっかりと定め、紙に書きました。今でも残っています。

この「ありたい姿」を実現するためのツールとして中小企業診断士があるということなんですよね。

僕の場合は、10年後に経営者と書きました。中小企業診断士は、経営者としての知識を網羅的に身に付けるということと、経営コンサルタントとして、様々な企業のビジネスに触れることを目的に取得を目指しました。

途中、何度も挫けそうになりましたが、現在の自分の境遇を脱し、将来的に活躍している姿を思い描くことで、尻を叩くことができました。

そして、1年半後には、中小企業診断士として登録することができました。

3年後には経営者となりました。勿論、コンサルもしてますよ。

ちゃんと「ありたい姿」に辿りつけました。

逆に、自分の人生における中小企業診断士の位置づけがあやふやであるなら、わざわざ中小企業診断士を取得するための金銭的・時間的な投資をしなくても済むということも言えます。

とりあえず、テキストを買って読んでみる時間があるのなら、自分の人生と5年後、10年後の「ありたい姿」について考えを巡らせてみるほうがずっと生産的なんですよね。

ですから、皆さんは是非、中小企業診断士の勉強を始める前に、「自分の人生における中小企業診断士の位置づけ」を考えてみて下さいね。そして、紙に書いておいて下さい。紙に書く作業で頭が整理されますので。